大学卒業!! 大学生がナンパに挑戦してみて

 

 

 

 

こんばんは。カクです。

 

 

 

先日無事大学を卒業しました。

!(^^)!

 

 

 

下宿先の引き渡しを終えて

4年間の東京生活ともお別れです。

 

 

これから1週間ほど実家に帰省し

4月からは2ヵ月間千葉と神奈川で

会社の研修があります。

 

 

不安しかないけれどがんばります!!!

 

 

 

 

「大学生がナンパに挑戦する!」

本格的にナンパとtwitterそしてこのブログを始めて4ヵ月。

 

 

 

沢山のクラスタの方々と合流させていただき

ストリートナンパやクラブナンパなど

本当に貴重な経験ができましたし

男としても一回りも二回りも成長できた

と感じています。

 

 

ブログの読者の中にも

(きっと)大学生の方もいると思うので

今回は大学生がナンパに挑戦してみて感じたことについて

アウトプットしていきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

卒業式で久々に友人や「よっ友」

と話しました。

 

そこで感じたことは

4年生後半の過ごし方って

実はみんな似てるんですよね。

 

 

多分文系学生の6~7割の大学生が

 

・サークル

・バイト

・旅行

・飲み会

・ゼミ、卒論

・ゲームアプリ

 

上記の6項目に大学生最後の半年を費やします。

 

 

※理系の人は卒論が大変だと思います。

 

 

そして大体の人の口癖が

 

「やることなくて暇だったわ。」

「金ないからずっとバイトしてた。」

「海外旅行どこかいった?」

「毎晩飲んでばっかだわ。」

「就活終わって気づいたら卒業だわ~」 

 

これだけです。

 

 

 

「アメリカに一週間旅行にいってー」

とか

「サークルの追いコンで吐きまくってー」

とか

 

 

せっかく久々に会ったのに

毎回こういうクソつまらない話を

聞かされます。

 

 

こちら側は

「へーそうなんだ。」

としか言えません。

 

 

その過ごし方が悪いことだとは

言い切れませんし

現に大半の大学生が満足しています。

 

 

また、バックパッカーとして長期間の旅行や

外国に留学、様々なバイトに挑戦してみた人など

上記の6項目の内容でも充実した生活を送った友人もいます。

 

そうした友人の話は面白かったです。 

 

 

しかしながら中途半端に

「海外旅行」「サークルの合宿」

「サークルの飲み会に参加し後輩に奢る」

「お金が無くなるからバイト」

以下同じ繰り返し

 

 

こういった大学4年生の

お金と時間の使い方は果たして有意義と呼べるでしょうか?

 

と僕は思います。

 

 

 僕も2年生までは上記の生活を送っていました。

 

 

やることがないから

サークルの飲み会には

毎回参加して散財。

 

 

泥酔しながらカラオケオール。

二次会では後輩の分を奢る。

 

 

後輩とオールして奢ることがステータス

とでも思っていた過去の自分。

 

 

今思うと本当にダサかったと思います。

 

 

 

4年生になり就活を終え

思い切って本格的にナンパに踏み出すことを決心。

 

 

サークルやゼミの極力付き合いの飲み会には参加せずに

バイトのシフトも減らしました。

バイト後の飲み会も断りました。

 

 

その結果、本当に仲が良かった人を除いて

周りの人たちとは疎遠になりました。

 

 

そうして削ってできた時間とお金をナンパに費やしました。

ナンパ中心の生活です。

 

 

そして 

大学内のコミュニティーを捨てた代わりに

大学外のコミュニティーを得ることができました。

 

 

クラスタ界のナンパ師の方々です。

 

 

沢山の方と合流でき色々なことを吸収することができました。

アドバイスをいただいたり、ガンシカされたときにも励ましていただいたりと

本当にやさしい方ばかりでした。

 

 

ナンパのスタイルやスタンスは違えど結果的に同じベクトルを向いているため

お互いを高め合える存在として切磋琢磨できたと思います。

 

また合流したいですね(^_^)

 

 

そのお陰もあってか

この半年間ナンパにコミットできました。

 

 

いつも長続きしない僕ですが 

何か一生懸命になれるものが見つかると

人間めちゃくちゃ頑張れるのだと感じました。

 

 

結果的にはショボ腕ナンパ師のままですが

ストナン即もできましたし

彼女もできましたし

満足しています。

 

 

非モテ時代の僕から

大きく変わることができました。

 

 

こんなに成長できたのは

あの時の決心があったからこそです。 

 

 

 

今回大学を卒業する僕が一番伝えたいのは

 

 

 

 

今の自分の位置より一歩前に踏み出すこと

です。

 

 

今の大学生活に満足できていない人が

いるなら尚更です。

(ブログを読んでいる大学生はその傾向が強いと思っています)

 

 

 ・彼女と別れたいと思ってるがなかなか別れることができない。

・サークルをやめようか迷っているが友達と疎遠になるのが怖い。 

・長期留学しようか迷っているが留年するのは嫌だ。

・ナンパを始めようか迷っているがなぜか踏み出せない。

・ジムに通うか迷っているが勇気がない。

・ビジネスを立ち上げようか迷っているが失敗したらどうしよう。

 

 

 

そんな大学生に言いたい。

 

 

 

失うものばかり恐れていては何も始まらない。

新しいものを得るためには犠牲は不可欠である。

環境を変えることには勇気がいるが

変えたいと思う気持ちがあれば積極的に行動してみよう。

答えは既に心の中にあるはず。

 

 

 

失敗することもあると思いますが

大事なことは失敗することではなく、

失敗を繰り返すことです。

 

 

 

学生のうちにたくさん失敗しておこう。

僕は楽観的にそう考えていました。 

 

 

大学生なら 

これから何かに挑戦するための時間は

たっぷりとあります。

 

考え方や視野を広げるチャンスを逃さないでください。

貪欲に生きましょう。

 

 

 

そして何か1つだけでも必死になれることを見つけてください。

別にナンパじゃなくてもいいんです。

何でもいいんです。

周りの目を気にせずに

本気で挑戦してみてください。

 

 

 

・書籍を半年で100冊読む

・部活でインカレ1位を目指す。

ヒッチハイクで日本横断。

バックパッカーとして世界を巡る。

・筋トレでムキムキになる。

・Youtuberとしてch登録10万人を目指す。

・ブログで収益化を目指す。

・長期の留学でネイティブレベルの英語力を身に着ける。 

などなど

 

 

 

僕がお酒の席でいつも思うことは

 

何かを本気でやっている人の話を聞くのって本当に面白いです。

 

逆に中途半端で上辺だけの人の話を聞くのはクソつまらないです。

 

 

 

面白い話が出来る人間になってください 。

 

 

 

 

あなたの大学生活がもっと楽しく

もっと豊かになりますように。

 

 

 

 

少しでも背中を押せたらいいなと思う

カクのぼやきでした。

 

 

 

 

 

終わり。 

 

 

 

クラブナンパに挑戦!alife(エーライフ)

 

 

こんにちは。カクです。

 

 

先日人生で初めてクラブに行ってきました。

 

 

きっかけはストでご一緒したゼロさんからのお誘い。

 

 

クラブナンパは大学生活で一度は経験してみたいことだったので

めちゃくちゃ楽しみでした。

 

 

今回行くクラブはalife(エーライフ)

西麻布エーライフ

 

ゼロさん曰く場所柄お姉さんタイプが多いらしいです。

 

 

 

当日 

 

土曜日の23時半に六本木の交差点で待ち合わせ。

 

 

夜の六本木ははじめてだったんですけれど

周りはスト高だらけ。

レベル高けえ。。

 

ゼロさんとやまださんと軽く挨拶していざalifeへ。

 

 

クラブ前で初めてのセキュリティーチェック。

僕はアホ過ぎてペットボトルを持参していて

取り上げられました(笑)

初心者丸出し( ^)o(^ )

 

 

そしていざフロアへ。

外国人多すぎ。そして女の子かわいすぎ。

パリピ多すぎ。

 

 

めちゃくちゃ感動。

 

 

男女比は7:3か6:4ぐらいでした。

年齢層は高め。

 

12時過ぎまでまったりして人が増えてきたところで

テンションを上げてダンスフロアへ。

 

踊り方もEDMも分からないww

やけくそにノリで踊る。

 

 

 

あれ、楽しくなってきたw

 

 

しばらくすると踊るのが楽しくてしょうがなくなってきました。

 

 

隣にいる女の子とお尻をこすり合わせながら踊ったり、外国人と乾杯したりと

普通にクラブを楽しんでいました。

 

 

ここで緊急事態。

一緒に合流していたゼロさんが腹痛のため退場(涙)

 

 

僕とやまださんと二人になりました。

 

ゼロさんが抜けてテンションが下がるも

今日の目的はクラナン。

 

 

ゼロさんの無念を晴らすためにも即らなければ。

 

 

満を持して休んでいる子にソロで声掛け。

 

1人目 声通らないグダ。

 

2人目 男待ちグダ。 

 

3人目 友達待ち。和む。バンゲ。

   スト低なので放流。

 

4人目 和むも多分年齢グダ。逆放流。

 

5人目 軽くあしらわれる。

 

 

 

誰も連れ出せそうにない。圧倒的坊主

 

 

もっと声掛けすべきだったけれども

僕のモチベは低下する一方。

 

やまださんも同じく地蔵。

 

 

結局、朝まで踊りまくって坊主のままクラブを出ました。

 

おなかが減ったので帰りにラーメンを食って帰りました。

 

 

外ではクラブから連れ出したであろう

男女グループがわちゃわちゃ。

 

ラーメン屋には僕らと同じく坊主だったであろう男性グループが沢山。

 

ガラスを隔てて、対照的な光景がそこにありました。

勝者と敗者。

 

 

 

結果

 

 

1バンゲのみ。 敗戦。

 

 

 

 

 

 

 

今回の反省点は沢山。

 

 

・声掛け数が足りない。踊っていない子にはすぐ声をかけていくべきだった。

(躊躇しているうちに他のメンズに先を越されることが多かった)

 

・相手の耳元ではっきり話さないとクラブでは声が通らない。

 

・ダンスフロアから連れ出す口実を全く考えていなかった。

 

・年上の女の人が多かったので単純にビビりすぎたw

 

 

他にもいろいろ。

 

 

 

他に感じたこととしては

西麻布のalifeは全体的に年齢層が高めでクラブ慣れしている子が多い感じがしました。

クラブが初めてそうな女の子はいなかった気がします。

 

 

あまりクラブ初心者や大学生には

おすすめできないかもしれません。

 

 

しかしながら年上好きなメンズには天国です。

 

 

男女比もそれほどひどくはないですし

女の子のスト値は間違いなく高いです。

 

 

 

 

初クラブは刺激的でとてもいい経験でした。

 

ハマりそうww

 

 

合流していただいたゼロさん やまださん

ありがとうございました。

 

 

 

渋谷のクラブはもう少し年齢層が低いということなので

今度挑戦してみます。

 

 

待ってろよ クラナン初即。 

 

 

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

僕が自分自身のナンパの軸に気付くことができた話

 

 

こんにちは。カクです。

 

 

 

最近出撃数が増えた割に坊主ツイートばかり飛ばしている

ショボ腕ナンパ師です笑

 

  バンゲ数は落ちたものの最近はナンパすることが本当に楽しいです。

 

その理由がこれ。

 

 

 

僕は最近、自分自身のナンパの軸に気づくことができました。

1ヶ月前の僕は連れ出しやバンゲなどの結果ばかりを追及していました。

 

 

 連れ出しやバンゲするために逆算したトーク内容を考えて、とにかく粘り続けて結果を残すことだけを考えていました。今思えばしつこかったかもしれません。

 

また、夜中にナンパ師さんのブログやツイートを読み漁り、そこで見つけたノウハウを無理矢理実践したり、他人のトークを丸パクリしたりと今振り返ると偽りの自分を作って無理をしていたのだと思います。

 

その結果バンゲしてもすぐ死番になったり、アポでも負けまくる。焦ることで声掛けもぎこちなくなる。 など負のスパイラルに陥っていました。

 

 

そんな時に僕がぴーなっつさんのツイートを漁っているときに見つけた言葉。

 

 

 

「最近は、声かけるから需要あるならよろしくね。ないなら無視して。
ライン教え辛いよね。だから粘るよ。」

 

 

このマインドにはナンパ師として心の余裕が感じられます。

 

 

そして結果だけを追求することに囚われていた自分にはナンパを楽しむ心の余裕が無くなっていることに気付きました。

 

 

心の余裕のない非モテ時代に僕は戻ろうとしていました。

 

 

 

その日から僕はナンパのスタンスを大きく変えました。

 

 

 

自分自身がまずはナンパを楽しむこと。

そして声をかけた女の子にはトークで楽しんでもらうこと。

お互いがまた次会いたいなと思った時だけバンゲすること。

お互いがもう少し一緒に居たいと思った時だけ連れ出すこと。

トークの結果LINE交換や連れ出し打診をグダられたときはしつこくしないこと。

それは自分の力不足であったり、ミスマッチングだったと割り切る。

 

他にもルールとして

・本当に急いでいそうな女の子は止めずに即放流。

・友達や彼氏との待ち合わせに遅刻している子は即放流。

・迷惑そうにしているガンシカ案件にはしつこく付きまとわらない。

 

「結果を求めないのはアホかよ。」と思われると思います。

グダを崩さないと結果につながらないことも分かっています。

 

しかしながら僕はナンパを楽しむことの先にバンゲや連れ出しがあると思ってこれからも純粋にナンパを楽しんでいっていいんじゃないかと思いました。

 

 

その結果バンゲ率は減りましたが、オープン率と「話しかけてくれてありがとう。楽しかった。」と言われる率が急上昇しました。

放流する際に手を振ってもらえることも増えました。

 

 

坊主の日でも「今日はナンパとっても楽しかったから坊主でもいいや。また明日頑張ろう。」

損切りの決断や心の余裕ができました。

 

 

 

 

ナンパ師の方でもブログやnoteを読んでいる方って多いと思います

 

 

確かにナンパ師さんのブログやnoteというものは僕たちからすれば成功者が与えてくれる教科書です。解説も分かりやすいですし読んでてとても勉強になります。

 

 

しかしながらそこに掲載されているオープナーやトーク、またLINEのメンテナンス方法などはあくまでもそういった成功者の一例であって、正解かどうかはわかりません。

 

 

もちろんそこで得られるノウハウはしっかりとインプットしカードの1枚として持っておくことは大事です。そして蓄積されたカードを目の前の女の子の雰囲気や表情に合わせて使っていくことは効果的だと思います。

 

 

しかしながらその情報をすべて鵜吞みにすることはあまりいいことではないと思います。

 

 

 

有名なナンパ師がこうやってLINEをメンテナンスしているから自分も同じことをすれば食いつきあがるって勝手に思っていませんか?

 

そのオープナーあなたは無理して使っていませんか?(誠実系チャラ系)

 

そのオープナーはどういった雰囲気の女の子に刺さりやすいか確かめてみました?

 

自分自身を見失っていませんか?

 

 

 

 

持っているカードの中からどれを使うのか?

自分自身と相手の女の子の状況をしっかりと分析する必要があります。

 

 

最終的には取捨選択し自分に合ったナンパの「型」や「軸」を見つけていくべきです。

 

 

 

僕はやっと見つけることができました。

 

 

 

 

 

終わり。 

就活生はこれを見ろ!就活ナンパのススメ!

 

 

こんにちは。カクです。

 

 

気が付けば2月後半ですね。

 

 

最近ストをしているとスーツを着た就活生をちらほら見るようになってきました。

 

 

1年前の自分の姿を思い出しながら

「就活解禁の時期なんだ。もう1年経ったのか。」

としみじみします。

 

 

就職活動は「一期一会」

これに尽きます。

 

皆様は就活というイベントを通じて

沢山の企業と人に出会うでしょう。

 

その出会いは必ずあなた自身を大きく成長させてくれるきっかけとなると思います。

自分自身をしっかり売り込んできてください。

健闘お祈りしております。

 

 

 

というささやかなエールは置いておいて

 

今日は1年前に僕が就活ナンパ師として

実践していた就活ナンパの方法について紹介したいと思います。

ちゃんと就活しろよ

 

 

 

 

1.道聞きナンパ

 

 

王道なナンパ方法ですが、就活中って企業のオフィスがどこにあるのか

グーグルマップを見てもよくわからない時があるんですよね。

しかも僕は方向音痴。

※たまに、グーグルマップに表示された本社の場所と実際の本社オフィスの場所が違う企業もあるのでグーグルマップに頼りすぎるのは本当に危険です

 

 

そんなこんなで僕は企業の説明会に行くときは大抵、近くを歩いている同じ企業に向かうのであろう女の子に話しかけて一緒に会場まで行っていました。

 

 

大抵の企業は説明会に行く際に参加票を印刷し持参していかないといけません。

参加票のアクセスの欄には「○○駅 ○○出口 徒歩○分」などと書かれているので

その企業に向かう人たちは ○○出口を利用するんですよね。

 

 

 

駅の改札を出てその出口に向かう就活生は同じ企業に向かっている可能性が高いので

「すいません。もしかして○○の説明会に参加されますか?」

とでも聞けばオープンします。

大きな駅(東京駅 渋谷駅 新宿駅 新橋駅)だと別の企業に行く人だった場合も

あります。それはドンマイ(笑)

 

 

 

同じ企業に向かう人であれば

「ここら辺の地理感覚なくて不安なんで良かったら一緒に行きませんか? 二人いれば心強いですし。」

 

とか言っておけば大抵OKしてくれます。向こうも不安なんです。

そこから並行トークしていきましょう。

 

 

この流れがなぜ大事なのか?

 

 

説明会の会場まで一緒に歩く→説明会の会場に入ると席が隣になる。→帰りも一緒に帰ることになる。という流れが完成しめちゃくちゃ仲良くなれます。

お互い次の予定がなければご飯やカフェにも連れ出せますし、バンゲはほぼ確実にできるでしょう。

 

 

「そんなことをしなくても説明会の会場で隣の子に話しかければいいじゃないですか?」

 

 

と後輩に言われましたが、一度会場に入ってしまうと隣の人は選べません。そもそも女の子が隣になるのかも微妙ですし、かわいい子の隣になれる確率はなおさら運次第です。

 

しかしながら駅や説明会に向かう途中でかわいい子を見つけて一緒に向かえば高い確率で隣の席になることができるのです。

 

 

2.カフェナンパ

 

ある程度予想はつくと思いますが、就活中はカフェに就活女子が大量発生します。

そしてスマホをいじいじ。彼女たちは暇なのです。声をかけましょう。

※ESを書いている子や勉強をしている子は多分必死です。そっとしておきましょう。

 

隣の席に座って

 

①「すいません。ちょっとだけ席外すので荷物見ててもらってもいいですか?」

②「すいません。もしかして○時から○○社の説明会行かれたりします?ちょっとお聞きしたいことがあって。」

 

このオープナーが最強でした。

 

ちなみに②はその企業の最寄り駅にあるカフェかつ参加票やESを持っていたり、この子はその企業を受けるんだろうな。とある程度確信があったときに使ってました。

 

間違っていたとしても

「そうなんですね。○○社の最寄り駅だったのでそうなのかなと思って笑。これからどこの説明会にいかれるんですか?」

という感じに話を膨らませていました。究極のカフェステナンですね。

 

 

3.ロフトナンパ(有楽町)

www.loft.co.jp

 

就活が始まると 有楽町や東京駅など慣れないオフィス街を歩くことが増えます。

 

次の説明会まで時間がある。どこで時間をつぶそうか?

ほかの就活生もそれは同じ。東京駅や有楽町のカフェは激混みします。

 

そんなときに僕が利用していたのは有楽町Loft。

店内には就活女子がわんさか。店内ナンパするしかないでしょう。

 

僕は店内ナンパが苦手だったので毎回同じオープナー。

文房具コーナーのボールペンコーナーにいる女の子に声掛け。

 

 

「すいません。就活生ですよね?ES書くときにおすすめのボールペンとか知りませんか笑?種類がありすぎてよくわからなくて。」

 

 

このオープナーめちゃくちゃ刺さるのでぜひ使ってみてください。

 

 

 

実際ES書くときにボールペンの質は結構重要です(笑)。

 

 

僕は有楽町ロフトばっかりでやっていましたが

渋谷池袋ロフトや東急ハンズでやってみてもいいかもしれませんね。

 

 

 まとめ

 

 

他にも何かやっていたかもしれませんが、忘れました(笑)

 

就活は苦しいことや辛いこともありますが、僕は楽しんだもの勝ちだと思います。

実際にナンパしながら楽しんでいました。

 

あと上記のナンパが上手くいくのは

2月後半~4月の終わりぐらいまでだと思います。

 

業界によっても違いますが、5月ごろからは面接も始まるので結構大変です。

自分や周りも面接対策やESに必死です。

 

5月以降はナンパせずに内定を取りましょう。

 

 

実際就活ナンパをしてみてバンゲや連れ出しはできても

LINEメンテがめんどくさくなったり、アポがなかなか取れなかったりと

僕はあまりうまくいきませんでした。

 

 

ただの僕の力不足でもありますが

それも一期一会の一つなんでしょうね。

 

 

ただリクラブは必ずあると思います。 

 

 

泊りで上京してきた子とかは連れ出ししやすいし即れる可能性高いかも。

 

あとは就活が終わった後にザオラルLINEで連絡して飲みに行ってそのまま・・

とういうこともあります!

 

 

 

 

あと僕が感じたことがもう一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ご飯や飲みに行けたが、彼氏いた。」

 パターン多すぎ(泣)

可愛い子にはたいてい彼氏がいる(笑)

 

 

 

 

がんばれ就活生!!(全力)

 

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

 

残り1ヶ月の魔法

 

 

こんにちは。カクです。

 

 

 

今日で遂に残り1ヶ月を切ってしまいました。

 

 

何の話か??

 

 

それは僕が東京に居ることができる時間です。

(どうでもいいってツッコミはダメです笑)

 

 

地方から上京してきてからの4年間で僕は人間的に大きく成長しました。

大変なこともつらいこともあったけれどそれ以上に楽しく充実した東京生活。

日本経済の中心地東京だからこそ学べたことや出逢いが沢山ありました。

 

 

4年前快く東京へと送り出してくれた両親には感謝しかありません。

東京に来て本当に良かった。

 

 

あと1ヶ月でそんな生活も終わり。一度地元に帰ります。

なんだか魔法が解けてしまうようなそんな感覚に陥っています。

 

 

4月からは就職して社会人となりますが

就職する会社には全国に支店があるので東京に戻れるかどうかはわかりません。

 

 

 

残り1ヶ月僕は東京にどんな足跡を残せるのでしょうか?

 

 

 

もっとナンパしたい。友人とも会いたい。スポーツ観戦にも行きたい。

都内のおいしい店に行ってみたい。クラブデビューもしてみたい。鍋パもしたい。

日帰りで温泉に行きたい。

 

 

やりたいことは沢山あります。

人やお店なんでもいいからもっと色々なものに

“出逢って”いきたいと思います。

 

 

それぐらいしか今は思い浮かびませんでした。

 

 

 

「後悔のない東京生活を送るぞ」

 

 

そんな僕の決意表明でした。

 

 

つまらない記事でごめんなさい(笑)

とりあえず明日から早起きします。

 

 

 

終わり。

 

 

僕が勧める昼ナンパの魅力について

 

 

こんにちは。

カクです。

 

 

最近twitter

 

 

 

と呟いている通り、昼ストにハマっています

!(^^)!

 

嬉しいことにDMなどで昼ストについて質問をくださった方が数人いたので

需要があるかなと思って昼ストの魅力について紹介します。

(とはいえまだ3日しか出てないw)

※主に春休み中の大学生向けの記事になるかもしれません。

 

 

昼ストの魅力

 

 

1.昼間の街には暇な女性が沢山

 

実際に声掛けをしてみて昼間って暇な女の子がめっちゃいます。

 

・友達との約束の前にブラブラ

・バイトまでの時間つぶしにブラブラ

・バイトの休憩中にブラブラ

・就活終わりにブラブラ  

・平日休みのアパレル子 etc...

 

春休み中の平日の昼間に池袋や渋谷を歩いている女性はこんな暇人ばかり。

そりゃカフェも混みますわな。。

 

実際に声掛けするとなんと9割近くオープンします。

たぶん向こうも暇なんで話はしてくれるんでしょうね(笑)

 

また平日の昼間なら街にいるほとんどが春休み中のJDで、JKやJCはほぼいません。

声掛けしたはいいけどJKだったから放流っていう状況もほぼありません。

 

 

2.ライバルナンパ師が少ない

 

実際、昼ストをしているとブルーオーシャンを感じます。

 

しかしながら金夜や土夜は東京各地の凄腕ナンパ師が池袋・渋谷・新宿に集います。

ソロ案件をめぐる争いが激化する夜は避けた方が成功率は上がると思います。

 

昼ストは学生だからできる特権ですね(笑)

 

3.キャッチスカウトを気にしなくていい

 

夜のストナンだとキャッチやスカウトの目って気になりますよね。

僕も声掛けをしていて少しだけキャッチに絡まれたことがあります。

しかしながら昼であればキャッチやスカウトはほぼいません。

堂々と声掛けできます。

 

4.明るいのでお互い顔が確認しやすい

 

声かけたのはいいけど実際顔が微妙だった。

 

そんな経験ありませんか?

僕はよくありますw

 

明るい昼の方が遠目から相手の顔を確認しやすいです。

 

また、相手も昼の方が警戒心が薄れていますし

こちら側がしっかり見えるのでオープンしやすいといった

メリットもあると思います。

 

 

5.連れ出せる場所が多い 

 

平日の昼間は満喫やカラオケなどが混んでいませんし料金も安いです。

連れ出しのコスパもかなりいいと感じました。 

 

 

 

以上が僕が考える昼ストの魅力です。

居酒屋などに連れ出すといったことはできませんが、ナンパ初心者でも結果が出やすいと思います。

 

 

特に春休みをだらだら過ごしている大学生のあなた!!

昼のストリートナンパに挑戦してみませんか?

きっと楽しい毎日が待ってますよ。

 

 

僕は今日も昼ストに行ってきます(*´▽`*)

 

 

 

終わり。

クロージングの大切さ

 

こんにちは。久しぶりです

 

名前変えました。

カクです。 よろしくお願いします。

 

 

 だいぶ前に書きかけていた記事があったので更新します。

 

 

 

先日、池袋のストで出会った女の子との

アポに出掛けてきました。

 

 

結論を先に申し上げると負けました。

 

 

今日の記事では

アポで浮かび上がった自分の弱点と反省点について整理し、まとめていきたいと思います。

 

 

某所 20時

女の子と駅で待ち合わせし

いつも使っている個室居酒屋で飲む。

 

世間話15分➡クイズ・ゲーム おふざけ15分➡恋愛話20分➡下ネタ10分

いつものルーティンに当てはめる。

 

相手の反応は良好。

お酒が入ってめちゃくちゃ見つめてくる。

 

まじまじと目見られるの恥ずかしいからという理由で

 

隣に座る➡ノーグダ

 

手の大きさ比べからの

手つなぎ➡ノーグダ

 

そこから

パイ揉み➡ちょいグダ

 

キス➡ノーグダ

 

Dキス➡ノーグダ

 

 

この時点で僕は勝利を確認していた。

 

更にこの日は既に昼アポで即っていたので正直油断していた部分があった。

 

 

その後何度もキスをして出来上がったところで、ホテル打診。

 

 

しかし、終電グダと門限グダ。

行くなら後日がいいとごねる。

 

 

強いグダではなかったし、崩してホテルに連れ込むことは可能ではあったが

 

昼に即ったし、別の日でもいいかと思い駅まで送って放流。

 

 

 

翌日、LINEで次のアポ日の打診をしたが

既読がつかない。

 

 

ブロックされていた。

 

 

 

 

 

反省点

 

 

途中までは完全に主導権を握っていたのにも関わらず、自分の中途半端な優しさと油断により相手に余裕や選択肢が生まれ主導権を渡してしまった。

 

 

 

クロージングをしっかりと行わなかったことで完全に魅了することができず

ただの軽い男としてごみ箱フォルダへと分類されてしまった。

 

 

結果論にはなってしまうものの

しっかりとクロージングして

即っていればキープ化できたかもしれない。自分の行動が悔やまれる。

 

 

今後はギラつくならいけるところまでギラつく。ギラつかないならギラつかず放流する。

 

 

僕には詰めが甘かったり中途半端な部分があるので改善していきたい。

 

 

恋愛は確率ゲーム。負けるときもある。

 

 

 

次のゲームには勝ちたい。

 

 

 

終わり。