読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕がナンパを通じて変われたこと

 

こんばんは。カクです。

 

 

もう年末ですね。本格的にナンパを始めて早3ヶ月が過ぎようとしています。

 

 

今日は僕がナンパを通じて変われたこと

そして成長したことについて紹介したいと思います。

 

 

ナンパに関して世間からは是非があることは重々承知している上で

ナンパを始めようか迷ってる人に参考にしてもらいたくて記事にしました。

 

 

 

変われたこと 成長したこと

 

 

1.困ってる人に積極的に声をかけれるようになった。

 

これが1番変われてよかったことだなーと思います。

 

 ・ものを落とした人がいたら一目散に拾って渡してあげること。

・飲み会の団体や家族連れが写真を撮ろうとして苦労しているときに写真を撮ってあげ    ること。

・電車でおじいさんやおばあさんに席を譲ること。

・困ってそうな人を見つけたら「大丈夫ですか?」と声をかけれるようになったこと。

・エレベーターから出ずにボタンを押し続けて待ってくれている方にありがとう。と言えるようになったこと。

 

 

 当然なことだろうと思われるかもしれませんが、

親切心があっても見知らぬ人に声をかけるのって難しいことですし

見て見ぬフリをした経験も皆さんあるんじゃないでしょうか?

 

僕も昔は見て見ぬフリをする機会が多くありましたが、今は積極的に人に親切できるようになりました。

 

 

2.固定観念に囚われず自分自身で考えて行動できるようになったこと。

 

 

これも大きいことです。

世間一般ではナンパ=最低なこと 非難されるべきこと

 

というイメージが強くありませんか?

僕も昔はそうでした。

 

しかしながら実際はお話ししているだけですし、女の子の方から「話しかけてくれてありがとう。」と感謝してくれることもあります。

 

ナンパとは人を傷つけるためのツールではなくて、人を喜ばせるためにあるべきツールだと僕は考えています。

 

このような日々の行動を世間からの良し悪しの目線ばかりを気にして生きていた僕が自分自身で良し悪しを判断し、自信をもって行動できるようになりました。

 

 

周りの目を気にせずに考え行動できるってめっちゃ気が楽になりますよ?

 

なんでも周りと合わせないと気がすまない大学生ってかなり多いと思います。

そんなに周りと合わせて楽しいのかな?疲れませんか?

そういう人たちを見るとつくづく思います。(ネット界ではキョロ充って呼ばれてるらしいです。)

 

 

3.考えながら人と話せるようになった。

 

普段友達と接してるだけだと何も考えずになんとなく会話してませんか?

それだけでも十分楽しいですが、トーク力は一向に向上しませんよ?

 

 

ゴールから逆算したトークの組み立てや表情や態度から相手の状況を汲み取ってアプローチの仕方を臨機応変に変更する対応力・観察力というのはナンパでめちゃくちゃ培われました。

 

僕はいつも頭をフル回転させてます(笑)

 

このスキルは就活の面接でも重要だと思います。

 

また、僕は来年からは営業マンになるため、ナンパで培ったスキルは必ず営業に活きてくると考えています。

 

 

 4.自信が持てるようになったこと

 

最後はこれですね。

今まで全然モテなくて恋愛にネガティブになっていた僕がナンパを通じて沢山の女性と出会ったことで自分の中に「やればできるんだ」という確かな自信が生まれました。

 

自信が持てたことで結果も自ずとついてくるようになりました。

 

一歩踏み出すことってかなり勇気が必要だと思うんですけれど

挑戦してみた経験って絶対自分を成長させてくれる糧になると思うんですよね。

 

沢山失敗もしてきましたが、その経験が今の自分の自信になりモチベーションになっていると感じています。

 

 

 

最後に

 

 

「所詮は綺麗事述べてるだけでナンパを正当化したいだけだろ!」

 

という声が聞こえてきそうなので

これだけは言わせてください。

 

ナンパをするようになってから、以前より遥かに多くの人から「ありがとう。」

と言われる機会が増えました。

 

この事実だけは誰にでも胸を張って誇れることです。

 

 

これからも一人でも多くの方に「ありがとう。」と言ってもらえるように。

沢山の人を幸せにできるように。後悔しない人生を送るために。

 

 

僕は日々挑戦していこうと思います。

 

 

 

終わり。