読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一志望の企業からお祈りを貰ってしまったあなたへ

こんにちは。 カクです。


華のGWも遂に終わってしまいましたね。



皆様は楽しいGWを過ごせましたか?

カクは実家でのんびり過ごしておりました。


さっそくですが、twitterにて就活相談をいただいたのでその相談に答えていきたいと思います。


"第一志望の企業に落ちてしまいました。
インターンにも参加し、人事の方ともかなり仲良くなれたのにも関わらず、面接で緊張してしまい
お祈りをもらってしまいました。
本当に働きたいと思える企業だったので
これから選考にモチベーションが保てず心が折れそうです。"



GW前後はES、webテスト、面接などで
お祈りメールをもらいやすい時期ですよね。


心中お察しします。


カクも昨年は沢山のお祈りメールをいただきました。


志望度の高い企業なら尚更落ち込みますよね。



しかしながら就活は初めから成功すること自体が
すごいことだと思います。


本当の第一志望に通る人なんてそうそういません。


大手企業だと
100倍近くの倍率を乗り越えて内定をもらっている
人がすごいんです。

100人いて1人しか勝てないんですからすごい確率ですよね。まさに超人。


僕も就活を始めたときの
第一志望の企業は超大手と呼ばれる企業でした。

インターンにも参加し、業界や企業のことを猛勉強したんですが結果は二次面接で惨敗。

その時は落ち込みましたね。



話を戻しましょう。

第一志望に落ちてしまった時に
どうモチベーションを保てばいいか?



その答えは
気持ちを素早く切り替え
視野を広げて次の第一志望群の企業に出会うこと。


「そんなの分かってるよ。」

と突っ込まれそうですが、
僕はこの答えしかないと思います。


一度出てしまった結果は覆りません。
いつまでも後悔していたり、みんしゅうを見続けていても前には進めません。

※勿論、うまくいかなかったのは何が原因だったか振り返り、次に活かすことは大切です。


就活は一種の椅子取りゲームなので
くよくよしてる時間はないのです。
他の企業の椅子もどんどん埋まっていきます。


焦らせるつもりはありませんが
いち早く次の選考に気持ちを切り替えれることが
大事です。


僕は第一志望に落ちてから新しく第一志望という
くくりの企業は決めませんでした。

第一志望の企業を作ってしまうと
どうしても企業を見る視野が狭くなってしまうと考えたからです。


第一志望の企業じゃないと絶対できないことって実際少ないと思うんですよね。


自分の就活の軸がしっかりしていれば
軸とマッチする企業は他に絶対にあります。

日本だけでも企業は400万社もあるんですから。


就活は恋愛と一緒で
経験を積めば積むほどうまくいくようになります。


あなたがどれほど好きになった子がいたとして
どれだけ猛烈にアピールしても
付き合えるかどうかは結局
その子の気持ち次第になってしまいます。


恋愛も就活も要はマッチングですから。


大好きだった人に失恋しても
また新しい出会いがあって恋ができるように

これからの新しい企業との出会いを通じて
あなたが本当にやりたい仕事。働きたい企業が
見えてきます。


僕も本当に働きたいと思える企業を見つけることができ今も働いています。

この企業に入社できて良かったと感じています。



気持ちを切り替えて、この逆境を新しい企業との
出会いのチャンスにして頑張って下さい。



僕は全力で応援しております。





終わり。